Article

        

ホットフラッシュと糖尿病

2017/ 08/ 26
                 
ホットフラッシュというのがあります。

更年期障害の一つで、突然、かぁと身体中が熱くなり(のぼせ)、

汗が大量に流れ(冬でも)、目眩がし、精神が大混乱し、最悪パニック状態に陥ります。


これは、女性ホルモンの減少により自律神経が乱れるのが原因……と言われていますが。



糖尿病について調べるうちに、

機能性低血糖にみられる症状とよく似ていることに気がつきました。

機能性低血糖というのは、文字通り「低血糖」状態です。

この状態になると、頭がボォ〜となり、汗が止まらず、思考がまとまらず、

混乱をきたし、イライラが止まらず、衝動的に暴れたり、あるいは鬱状態になったりするようです。



機能性低血糖は、糖質を過剰に摂取することで起きます。

その仕組みは、

糖質を一度に過剰に摂取すると血糖値が急上昇→

上がりすぎた血糖値を下げるためにインスリンが緊急分泌→

 インスリン、ハッスルしすぎ→

 血糖値が正常値に戻っても分泌が収まらず→

                血糖値が下がりすぎて→低血糖



つまり、「機能性低血糖」というのは、インスリンの分泌の乱れが原因です。

女性ホルモンは血糖値の乱高下を抑制する働きがあります。

女性は、更年期になると女性ホルモンが減ってくるので、血糖値の振れ幅が大きくなりやすいのです。



なので 更年期に起こるとされるホットフラッシュは、「機能性低血糖」である可能性が高いのです。


ホットフラッシュも何か甘いものを食べると収まります。


糖質を過剰に摂取したことにより、血糖値の乱高下(ホットフラッシュ)が現れ、

甘い物を食べると収まる、この繰り返しで、だんだん高血糖体質になっていくのです。



女性の場合、女性ホルモンがほとんどなくなる更年期以降は、男性同様に糖尿病リスクが高くなります。






               血糖値を下げる6ヶ月整体 
 
     月一回の整体と生活相談と指導を行う7回のコースです

             主な内容は  
              ◎ 自律神経の調整
              ◎ すい臓・肝臓の調整
              ◎ 骨格筋の調整
              ◎ 食欲の調整



      「まさか整体で血糖値が下がるなんて!?」
               と 思われる糖尿病でお悩みの方  


 
      無料相談で その仕組みをお伝えしています




無料の健康相談や施術体験
自信を持ってお応えできる
顎関節症肘・膝痛肩コリ腰痛、など
     関節のトラブルでお悩みの方、 お気軽におたずねください。    
 予約・お問い合わせはこちらからどうぞ
  082‐288-8788





詳細はハーマ整体院のページへ



広島ブログ
                         
                                  

コメント