FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

ブラと肋骨

2017/ 04/ 10
                 

「ワイヤーが当たるのが嫌で、ブラができないんです。」

「家に帰るとすぐブラをはずすんです。」

という方が結構いらっしゃいます。



そういう方は、

ちょうどブラが当たる部分の肋骨の動きが悪くなっています。

bone_rib_sternum.gif


本来、左右で24本ある肋骨は、呼吸のたびに

ブラインドのように開いたり閉じたりしています。




肺は筋肉で出来ていません。

なので 自力では動けないんです。


24本の肋骨が開く(上方に持ち上がる)と肺が膨らみ

肋骨が閉じると肺が収縮します。



かくして、呼吸ができているので

肋骨の動きが悪くなると

肺も動かず、浅い呼吸になってしまいます。



急に走ったり、階段を上がったりして、

息切れがする方は、肋骨の動きが

制限されていることがあります。





入浴時や就寝時、ちょっとの時間で

肋骨をチェックしてみましょう。



痛い肋骨があったら、その肋骨に指を軽く当て

指を動かさないで、深呼吸を繰り返すと楽になります。



肋骨を横斜め下に広げるような気持で行うと、

より効果的。



ブラをしても苦しくなくなりますよ。


お試しください。




 無料相談の時間をもうけておりますから、

      あなたの悩みが どんな症状で、どんな解決法があるのか 

               気になる方は、遠慮なくご連絡ください







最後まで読んで頂きありがとうございました。




あきらめかけた、肩コリ・腰痛の根本改善

骨盤と顔やアゴの歪み・股関節の痛み  

 笑顔になられることを願っています。



無料の健康相談や施術体験
自信を持ってお応えできる
顎関節症肘・膝痛肩コリ腰痛、など
     関節のトラブルでお悩みの方、 お気軽におたずねください。    
 予約・お問い合わせはこちらからどうぞ
  082‐288-8788





詳細はハーマ整体院のページへ

ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

広島ブログ
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。