FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

骨の変形は限りなく進むのか?

2017/ 03/ 21
                 

「変形性股関節症は進行性の病気なので、いずれ手術が必要になります」

と病院で言われて、ショックを受ける患者さん・・・・

『進行する』という言葉で、どれだけ多くの患者さんが恐怖や不安を覚えていることか・・・


ですが、この言葉には 「何の手立ても施さなければ、」

というまくらを付けなければいけません。



確かに、何もしないでいれば、悪化するかもしれませんが、

ちゃんと手入れをしてあげると股関節の変形は止められる場合が多いのです。

股関節の変形



股関節の周りには、多くの筋肉が付着しています。

この筋肉が 股関節にかかる衝撃を吸収して、骨を守っています。

なので、筋肉を上手に手入れをすれば股関節は長持ちするのです。

股関節 筋肉


このことは、まだ(人工股関節置換)手術をしていない人はもちろんですが、

すでに手術をしている人にも当てはまります。




ではその手入れとはどんなことをすればいいのでしょうか。

病院では、動きにくくなっているのは筋肉の衰えであるから、

筋肉を鍛えるトレーニングを薦めることがあります。

しかし、硬く縮んでいる筋肉や靱帯は

負荷をかけ過ぎると傷つく恐れがあります。


また無理に動かすと痛みも出るので、

患者さんにはストレスになり、長続きしにくい傾向があります。


なので最初に行わないといけないのは、

動けなくなった筋肉や関節靱帯を緩めることです。


関節周りの硬くなっている筋肉や靱帯が緩むと、

股関節の動きも改善されます。


痛みも減ってくるので、それから筋肉を鍛えていけばいいのです。




骨は日々新しく作られている!

生きている骨では日々、不必要なところは破壊され、

必要とされる場所に新しく作るという作業が続けられています。

その作業に人間に悪影響を及ぼすような間違いは存在しません。


骨が骨折して曲がってついても、1年もするとまっすぐな骨になるのをご存知ですか?
骨の自家矯正

上は、.小児の骨折の自家矯正(自然にずれが治ってゆく事)の画像です。

折れたときには骨同士が少しずれていますが、ずれた所に新しく骨ができて、

時間とともに元の骨の形が取り戻されています。




変形性股関節症


股関節の手入れをしないで長年経過している人は、

骨の変形が強くなります。

しかし いわゆる末期になると、股関節は長年の変形によって

関節部が広がり安定する為(動きは悪くなるのですが)、股関節痛は出にくくなるのです。



一般的にはこの変化を“変形”と呼んで悪者扱いするのですが、

実は骨が股関節を安定し、痛みが軽減するように修復してくれた結果だといえます。

股関節の変形は怖い現象ではなく、体を改修する作業なんです。


また前述したように 筋肉や靱帯を緩めると、骨の変形は止められます。



     無料相談の時間をもうけておりますから、

      あなたの悩みが どんな症状で、どんな解決法があるのか 

               気になる方は、遠慮なくご連絡ください







最後まで読んで頂きありがとうございました。




あきらめかけた、肩コリ・腰痛の根本改善

骨盤と顔やアゴの歪み・股関節の痛み  

 笑顔になられることを願っています。



無料の健康相談や施術体験
自信を持ってお応えできる
顎関節症肘・膝痛肩コリ腰痛、など
     関節のトラブルでお悩みの方、 お気軽におたずねください。    
 予約・お問い合わせはこちらからどうぞ
  082‐288-8788





詳細はハーマ整体院のページへ

ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。

広島ブログ





                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。