FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

股関節痛を考える(2)

2017/ 03/ 01
                 

股関節の痛みは、骨の変形や軟骨の磨り減った部分が

痛むのではありません。

その理由は、股関節の骨や軟骨には神経が無いからです。


kokannsetu.gif

上の絵は股関節の断面をあらわしています。

股関節は太腿の骨と骨盤で構成されますが、

関節部分は丈夫な袋(関節包)に包まれています。

この関節包の中の骨と軟骨には神経が通っていないのです。


なので、軟骨が磨り減ったり骨の変形が重度であっても、

痛みの無い人は多くおられます。



病院では、レントゲンを見て診察をしますが、

レントゲンには主に骨と軟骨しか写りませんから、

痛みの原因を骨や軟骨に求めてしまう傾向があります。


しかし、私の経験では股関節痛の原因は、

関節包の炎症か筋肉の痛みであることがほとんどです。


実際に触診を行うと、

患者さんが痛みを感じている場所は、

股関節ではないのです。

こんな方は、体の歪みを整えると症状の改善が見られます。

それなのに、手術を勧められている方がおられます。


変形性股関節症に対して正しい理解をもてば、

不安や恐れは軽くなりますよ。



最後まで読んで頂きありがとうございました。




あきらめかけた、肩コリ・腰痛の根本改善

骨盤と顔やアゴの歪み・股関節の痛み  

 笑顔になられることを願っています。



無料の健康相談や施術体験
自信を持ってお応えできる
顎関節症肘・膝痛肩コリ腰痛、など
     関節のトラブルでお悩みの方、 お気軽におたずねください。    
 予約・お問い合わせはこちらからどうぞ
  082‐288-8788




詳細はハーマ整体院のページへ

ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
広島ブログ
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。