FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

肩こりと五十肩

2016/ 11/ 11
                 
パソコン作業に夢中になっていると背中が丸まってきます。

背中が丸まっていると背中の筋肉が伸ばされっぱなしで緊張を続けます。

緩むことが出来ずに張ってきて、肩こりになってしまうんですね。


姿勢に気をつけていても、キーボードに手を置いた姿勢や運転で

腕を前に上げている姿勢は肩が前に入って(内向きになって)きますね。


そうすると肩の動きに重要な肩甲骨が外に開いてきて、


首や肩の筋肉が引っ張られて緊張してき肩こりとなって出てきます。


046_20161111110219d2a.png


この状態がコリとなるか、ひどくなって痛みになるかで肩こりと五十肩の違いが出てきます。


肩が前に入ることにより前面にある胸から腕にかけての筋肉は縮みます。

伸ばされることや動かすことが少なくなると筋肉は萎縮して固くなり肩こりとなります。

こうして肩周りの筋肉が弾力を失い動きが悪くなってきて五十肩のようになってきます。


萎縮した筋肉を急に伸ばしてしまい、筋肉や腱に炎症を起こしてしまったものが四十肩や五十肩の症状を引き起こします。


それと同時に肩が前に入ることで、肩の関節の前面が狭くなってきます。

そこが酷使されて関節の中が炎症を起こして関節炎となってしまい、

腕を上げた時などに痛みが走ったりするんです。


しかし四十肩や五十肩といわれる症状が必ずしも炎症を起こしているとは限りません。

筋肉の緊張や萎縮から動きを制限している場合も多くあります。

肩こりも五十肩でも一番多いのは、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)、

大円筋(だいえんきん)という筋肉が緊張しています。


この筋肉群を伸ばすストレッチは、腰に手を当てて肘を前に引っ張ることで伸ばされます。



この筋肉を使うようにするのは、これと逆の運動をしていくといいですよ。

軽い症状の方はこれだけでも肩の動きがよくなります。


痛みが激しい方は無理しないでくださいね。

痛みが走ると筋肉はこわばります。

肩の関節はいろんな方向に動かせますので、

基本は痛くない方向に伸ばしていくことから始めていきましょう。

肩こりも五十肩もどちらにしても姿勢は気にしていきたいところです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


肩コリ・腰痛改善、骨盤と顔の歪み、

アゴの歪みや上がる口角と薄くなるホウレイ線ならおまかせ




無料の健康相談や施術体験
自信を持ってお応えできる
顎関節症肘・膝痛肩コリ腰痛、など
     関節のトラブルでお悩みの方、 お気軽におたずねください。    
 予約・お問い合わせはこちらからどうぞ
  082‐288-8788




ハーマ整体院

ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
広島ブログ




                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。