FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

硬い踵と婦人科の不調

2015/ 12/ 20
                 



冬から始める身体のケア、今日は、踵(かかと)についてです。

足ツボで「踵」は、生殖器、婦人科系を表すといわれています。


この時期は特に乾燥するので、ひび割れたりする方も多いのではないでしょうか?

踵が硬くなるのは歩くときの重心のかけ方に原因があって

多くは後(かかと側)に重心がかかっています。


そのために踵が固くなってしまいます。


踵に重心がある歩き方は、膝が曲がりやすく、

だいたいの方は骨盤が後に傾きます。



shisei_woman_bad.png



骨盤が後に傾くと腰の筋肉が常に緊張して、

反対にお腹側の下腹部の筋肉が緩みます。


腰の下からは婦人科系に関わる神経が出ていますが、

腰が固くなると機能が抑制されてしまうんです。


また、下腹部が緩む事で骨盤の中に収まっている

大事な婦人科系の内臓を守る機能が衰えます。




簡単にできる踵のケアは、お風呂上がりにオイルを塗ってあげるのがお勧めです。

マッサージというと面倒かもしれませんが、塗り込むだけで充分です。

オイルを塗り込んでいくだけでもオイルが浸透して柔らかくなってきます。





婦人科系でお悩みの方は、先ず踵のケアを試してみてください。

そして踵に意識がいくようになったら、次に重心を意識してみてください。




こちらの記事も参考に歩く時に少し意識してみてくださいね



最後まで読んで頂きありがとうございました。

肩コリ・腰痛改善、骨盤と顔の歪み、

アゴの歪みや上がる口角と薄くなるホウレイ線ならおまかせ




無料の健康相談や施術体験
自信を持ってお応えできる
顎関節症肘・膝痛肩コリ腰痛、など
     関節のトラブルでお悩みの方、 お気軽におたずねください。    
 予約・お問い合わせはこちらからどうぞ


ハーマ整体院

ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
広島ブログ
 


           自信有り                          
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。