FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

むやみなストレッチにご注意

2015/ 12/ 13
                 

腰痛予防のためのストレッチが、やり方によっては

腰痛を悪化させてしまいます



腰痛といっても人それぞれで、

原因や痛い部分、痛みの出るところは違います。



ストレッチさせる方向で考えると、


前は痛いけど後ろは痛くない。

右はいいけど左は痛い。

左に捻るのと背すじを伸ばすのが痛い。

など、だいたいはこうして複合した痛みの出かたをします。




なかには「固いから伸ばせばいいんだ」と、腰が痛む方向に

ガンガン伸ばしたりする痛みに強い方もいらっしゃいます。



楽になった気がする方もいらっしゃると思いますが、

こういうストレッチが一番体を固くして腰痛を悪化させてしまいます。



「イタタタ」といって腰を伸ばすようなストレッチは、

体が拒絶するので筋肉は余計に固くなってしまうんです。



頑張り屋さんや我慢強い方に体が固い人が多いのも、

無理したり我慢して溜め込んでしまうからなんですね。




息をつめて(息を止めて)伸ばすのも体を固くしてしまいます。

腰痛のストレッチは、痛くない方向に伸ばしていくのが基本です。



そして倒しやすい方が緩んだところで様子を見ながら

痛い方をを少しずつ伸ばしていく。



絶対に息は止めずに大きく深呼吸しながら、ジワ~っと吐く息に合わせて

少しずつ何となく伸びてる程度でも体は緩みます。




遠回りなようですが、これが一番安全で早道なんです。


○腰痛が悪化して体を固くしてしまう良くないストレッチは、

反動をつけてグイグイ伸ばしてしまう。

息をつめて呼吸を止めてしまう。

痛いところを無理に伸ばしてしまう。




○腰痛予防のために体を柔らかくするストレッチは、

息をつめずにゆっくり大きく呼吸しながら何となく伸びてるのを感じること。

痛いのに無理して伸ばさない。

反動をつけない。




続けていくコツは、辛くなく楽しむことですね。

気持ちよく体を伸ばして柔らかくしていきましょうね。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


肩コリ・腰痛改善、骨盤と顔の歪み、

アゴの歪みや上がる口角と薄くなるホウレイ線ならおまかせ




無料の健康相談や施術体験
自信を持ってお応えできる
顎関節症肘・膝痛肩コリ腰痛、など
     関節のトラブルでお悩みの方、 お気軽におたずねください。    
 予約・お問い合わせはこちらからどうぞ


ハーマ整体院

ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
広島ブログ
 


           自信有り                          
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。