FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

オスグットを診る

2015/ 09/ 24
                 
トントンで体を元気にするため日々研鑽している
 広島市南区にあるハーマ整体院の 浜田です。


先日「オスグッド」の悩みで学生が来院されました。
オスグッドというのは、、、
膝の下の骨が飛び出して炎症を起こしてしまうものです。
特に成長期やスポーツを激しくやっている学生に多く見られます。

多くの場合、
オスグッドは太ももの前の筋肉である
大腿四頭筋の使いすぎに問題があります。

大腿四頭筋は膝のお皿についています。
そして、膝のお皿の下の靭帯が膝の下の「脛骨(けいこつ)」に繋がります。

大腿四頭筋が強く使われすぎると、
お皿はもちろん、その下の靭帯と共に
脛骨を上に引っ張る力が働きます。

これが続くと、
膝の下の骨が飛び出してきて、
さらに炎症を起こすようになるのです。

なので
大腿四頭筋を使わないで動けるようになれば、
骨を引っ張る力が減少するので、
症状も骨の出っ張りも減少していきます。


そのためにどうすればよいかを考えてみます。

大腿四頭筋はふくらはぎと連動して
「つま先と膝を使って、身体のバランスを取ったり動いたり」する筋肉ですから、
つま先や膝の動きによって緊張具合が左右されてしまいます。

つま先や膝の動きが悪いと、大腿四頭筋が緊張するのです。

なので ハーマ整体では、痛みの出る膝よりも、
足首、足の指などに注目して施術しています。

bjoint_foot_20150924125637b77.gif




 ハーマ整体院では 
 無料の健康相談や施術体験を用意しています。
 顎関節症肘・膝痛肩コリ腰痛、  など関節のトラブルでお悩みの方
  お気軽におたずねください。 
   
 ハーマ整体院

ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
広島ブログ
 
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


首・肩・背中・腰の病気 ブログランキングへ
コメントも いただけると嬉しいです。
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。