FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

むくみの原因② 体液の仕組み

2014/ 11/ 29
                 
トントンで体を元気にするため日々研鑽している
 広島市南区にあるハーマ整体院の 浜田です。


前回は、むくみの原因である体液を
重力に逆らって循環させるチカラについてでした。

今回は、むくみの原因についての二回目で、
体液の仕組みについてです。

身体を構成する細胞の中では、エネルギーの産生のほか、
さまざまな化学反応が行われていますが、
これらはすべて水溶液の形をとって行われています。

また、細胞は、細胞の内側(細胞内液)と、
細胞が浮かんでいる環境(細胞外液)の間でも
常に水分や物質の入れ替えをしています。

塩分を取りすぎるとむくみやすくなる
ということを聞いたことがありませんか?

体液は、身体の内部環境を恒常に保つため,
常にその全量,浸透圧,pHなどが
一定に維持されるように調節されています。

ですから、浸透圧に影響する塩分が増えると、
それを薄めるために水分が必要になるのです。

さらに、細胞外液は主として生活現象に
必要な物質の輸送を媒介しているのですが、
その時も、水分中に物質を溶かし込むか、
コロイド状(浮遊させる)にして運んでいますから
ここでも水分が重要になります。

なので、身体の中の栄養物、老廃物などの物質が多いと、
細胞内での処理活動や、細胞外での運搬・排出活動などに、
費やす水分もそれに応じて多く必要になってくることになります。

つまり身体に必要以上の栄養物や老廃物が増えると、
それの処理に必要な水分も増えるので、結果として
むくみの原因である体液の総量の増加を招くことになります。

ですので、 当院では むくみを、体液の停滞と捉えて、
  ①その循環を促すチカラと、
  ②体液の総量
 の二点を改善するのが良策だと考えています。

ではどうやって むくみの原因を改善するのか。
次回以降 当院の考えや施術を ご紹介したいと思います。

  ハーマ整体院では 
 無料の健康相談や施術体験を用意しています。
 顎関節症肘・膝痛肩コリ腰痛、  など関節のトラブルでお悩みの方
  お気軽におたずねください。 
   
 ハーマ整体院

ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
広島ブログ
 
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


首・肩・背中・腰の病気 ブログランキングへ
コメントも いただけると嬉しいです。
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。