FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

散歩の効用

2014/ 11/ 22
                 
トントンで体を元気にするため日々研鑽している
 広島市南区にあるハーマ整体院の 浜田です。


当院に来られるお客様には常々申しているのですが、
歩くことはとても身体によい効果をもたらします。

休みでも仕事やストレスが頭から離れない
そんな方がいらっしゃれば読んでいただきたいと思います。


歩くことの効用については、様々なことが挙げられます。

筋肉を使うことで、全身の(特に下肢)からの血液の流れ促進される
有酸素代謝系(ミトコンドリア系)が活性化される
自律神経にも働いて副交感神経の働きが高まる
脳内で幸せ物質として知られる『セロトニン』や、
やる気物質として知られる『ドーパミン』などのホルモンが増産される

など とてもいいことばかりです。


そして 私は散歩の効用をもうひとつ実感しています。

現在の社会生活では血液循環の中心は頭になりがちです。
デスクワーク・PC作業・人間関係などの
頭脳労働がかなりの比重を占めるので、
いたし方ありません。

そこで 上にばかり集まった血液循環を
『下』に向けることが大切かと考えています。

歩くことで、血液の消費地を『頭』から『身体』へ
移そうという訳です。
こうすることで普段頭に蓄積される
『老廃物』も下がるのではないでしょうか。

ストレスや考え事があったりすると、
休日でもそれが頭から離れずに
常に悶々とさせられることありませんか?

『頭』への血液供給が過剰な状態で、
考えや感情を抱え込んでいると、
不安やイライラが増大していきます。

歩くことで私が実感していることは、
歩きながら考えていると、
考えがまとまってくることがよくありますし、
新しいアイデアが生まれたりもします。

また、ネガティブな感情が一人歩きして増大しなくなります。
それどころか『まあ、いっか』と腑に落ちてしまうこともあります

これは、歩くことで『身体』へ血液が向かうために、
相対的に『頭』への血液供給が減ることに
拠るのではないかと思うのです。。

血液過剰で熱くなって、考えが堂々めぐりしている『頭』の
クールダウン効果ではないでしょうか。

皆さんも、なにか考えているときや悩んでいる時は
是非歩いて考えてみてはいかがでしょうか!?


  ハーマ整体院では 
 無料の健康相談や施術体験を用意しています。
 顎関節症肘・膝痛肩コリ腰痛、  など関節のトラブルでお悩みの方
  お気軽におたずねください。 
   
 ハーマ整体院

ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックをお願いします。
広島ブログ
 
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


首・肩・背中・腰の病気 ブログランキングへ
コメントも いただけると嬉しいです。
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。